治療終了と言われたのですが、弁護士さんに相談できますか?

私は、約半年前、自動車を運転し、渋滞のため、停車していたところ、うしろからきた自動車に追突されました。

私は、整形外科に通院し、レントゲンを撮りましたが、骨には異常はありませんでした。私は、その後、首や腰の痛みが残っていたので、整形外科に通院を継続し、リハビリを受けたり、お薬を処方してもらったりして、治療を継続しました。

相手方の任意保険の保険会社から、交通事故から半年なので保険会社が治療費を支払うかたちでの治療は終了です、その後も通院するのであれば、健康保険を利用して自費で通院してくださいと言われました。

私は、このような場合、弁護士さんに相談し、依頼することができますか?

 

 

 

 

 

 

当事務所では、治療中のご相談も受けております。受任になりましたら、相手方の任意保険の保険会社と、保険会社が治療費を負担するかたちでの治療の終了時期について、交渉をする場合もあります。

もっとも、弁護士が相手方の保険会社と交渉をしても、治療の終了時期がのびない場合もあります。

交通事故について、分からないことがありましたら、弁護士までご相談ください。

The following two tabs change content below.
アバター

弁護士 寺部光敏

愛知県豊橋市出身 名古屋大学法学部を卒業後、弁護士となる。豊橋に根付いた寺部法律事務所の代表弁護士。20年以上の弁護士歴で得た豊富な経験を活かし、交通事故に苦しむ人を一人でも救うため弁護活動を行っている。

コラムの最新記事

新着情報の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00  弁護士の選び方