後遺障害のない事案で、慰謝料と休業損害が争点となり、交渉の結果、慰謝料と休業損害がともに増額になった事例

ご相談者

40代(女性)/パート

事故状況

信号のある交差点において、赤信号のため停車していたところ、後方から追突されました。

ご依頼者の方に過失はありませんでした。

傷 病 名

頸部挫傷、背部挫傷

後遺障害等級

なし

ご依頼の経緯

治療終了後、保険会社からの提示があり、ご相談にご来所されました。弁護士が確認したところ、交渉の余地があると考えられたため、受任に至りました 。

 賠償項目 受任前 第1回提示 示談額 増額分
治療費 約70万円 約70万円
交通費 約6千円 約6千円
その他費用  なし   なし
休業損害 約19万円 約32万円
傷害慰謝料 約47万円 約85万円      
既払額控除後の金額 約67万円 約117万円 約133万円 約66万円

※示談交渉中の金額からさらに交渉の結果、示談に至ったため、示談額の賠償項目ごとの金額を明示できません。

結果

弁護士が受任し、保険会社から資料を取り寄せ、示談交渉を開始しました。第1回の提示に対し、さらに増額の余地があると判断して交渉を継続し、相当額の増額になり、示談に至りました。

ポイント

弁護士受任前の保険会社からの提示に対し、打ち合わせをしたところ、

 ①休業損害

    ②慰謝料の金額

 が、問題となりました。

交渉した結果、相当額に達したため、示談に至りました。

コメント

今回のご依頼が、少しでもお気持ちに沿う結果となったのであれば、よかったと思います。

その他の最新記事

新着情報の最新記事

首の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00  弁護士の選び方