交通事故の物損の示談交渉において、評価損(格落ち損)が争点になり、示談交渉の結果、評価損が認められた事例

ご相談者:30代(男性)/会社員

事故状況:自動車を運転し、赤信号のため停車をしていたところ、後方から来た自動車に追突されました。

                 ご依頼者の方に過失はありませんでした。

 

ご依頼の経緯:ご本人が相手方保険会社との交渉の中で、評価損を保険会社が認めない意向を示したため、受任に至りました。

 

 賠償項目

受任前

第1回提示

示談額

増額分

修理費用

約68万円

約68万円

約68万円

 

代車費用

約19万円

約19万円

約19万円

 

評価損

0円

約6万円

約10万円

約10万円

 

結果:当初、相手方保険会社は、自動車の評価損を認めない意向でした。交渉の結果、相当額の評価損が認定され、示談に至りました。

 

ポイント:ご本人と打ち合わせをしたところ、新車で購入してから間もないため、評価損が問題となりました。

 

コメント:当事務所からの連絡等に、迅速、誠実にご回答いただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
アバター

弁護士 寺部光敏

愛知県豊橋市出身 名古屋大学法学部を卒業後、弁護士となる。豊橋に根付いた寺部法律事務所の代表弁護士。20年以上の弁護士歴で得た豊富な経験を活かし、交通事故に苦しむ人を一人でも救うため弁護活動を行っている。

新着情報の最新記事

解決事例の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00  弁護士の選び方