センターラインをオーバーしてきた自動車と正面衝突した交通事故で、後遺障害(第14級9号)が認定され、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益の金額が争点となり、交渉の結果、いずれも増額になった事例

ご相談者:40代(男性)/会社員

事故状況:自動車を運転中、対向車がセンターラインをオーバーし、正面衝突しました。

ご依頼者の方に過失はありませんでした。

傷 病 名:肋骨骨折、血気胸、縦隔内血腫、腹腔内臓器損傷

後遺障害等級:第14級9号「局部に神経症状を残すもの」

ご依頼の経緯:後遺障害(後遺症)等級認定がされた後、保険会社から提示を受け、ご相談に来られました。慰謝料、後遺障害に関する損害について、保険会社の提示は低いと感じるもので、十分に交渉の余地があると考えられる事案でした。

なお、後遺障害(後遺症)等級認定は、事前認定手続ではなく、被害者請求の手続をしています。被害者請求の手続は、当事務所では行っていません。

 賠償項目 受任前 示談額 増額分
治療費 約190万円 約190万円  
交通費 約12万円 約12万円  
諸雑費 約2万円 約2万円  
休業損害 約78万円 約78万円  
傷害慰謝料 約104万円 約187万円 約83万円
後遺障害慰謝料 約40万円 約110万円 約70万円
後遺障害遺失利益 約46万円 約74万円 約28万円
既払額控除後の金額(※) 約130万円 約311万円 約181万円

※上記の表の既払額には、自賠責保険の被害者請求分(75万円)が含まれています。

結果:ご依頼前の示談の提示額を確認したところ、十分に交渉の余地があると判断し、弁護士が交渉を開始し、相当額に達したため、示談に至りました。

ポイント:保険会社から第1回提示があり、特に

①傷害慰謝料

②後遺障害慰謝料と後遺障害遺失利益

    が、問題となりました。

交渉により相当額の増額となり、示談に至りました。

コメント:当事務所からのご連絡にしっかりご対応いただき感謝しています。手続を円滑にすすめることが出来ました。

The following two tabs change content below.
アバター

弁護士 寺部光敏

愛知県豊橋市出身 名古屋大学法学部を卒業後、弁護士となる。豊橋に根付いた寺部法律事務所の代表弁護士。20年以上の弁護士歴で得た豊富な経験を活かし、交通事故に苦しむ人を一人でも救うため弁護活動を行っている。

14級の最新記事

新着情報の最新記事

骨折・打撲の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00  弁護士の選び方