追突により頚部と腰部の挫傷を負い、約111万円で示談した事例

ご相談者

30代(男性)/会社員

事故状況

自動車を運転中、信号のないT字路交差点を直進していたところ、相手方の運転する自動車に横から追突されました。
本件では、相手方から、過失相殺の主張はありませんでした。

傷 病 名

頚部挫傷、腰部挫傷

主な自覚症状

首の痛み、腰の痛み

ご依頼の経緯

治療中、保険会社から症状固定の打診があり、弁護士費用特約に加入していたこともあり、ご依頼に至りました。

賠償項目 第1回提示 示談額 増額分
治療費 約73万円    
交通費 約1千円 約5万円 約4万円
休業損害 約30万円    
傷害慰謝料 約71千円 約89万円 約18万円
既払額控除後の金額(※) 約88万円 約110万円 約23万円

結果

治療中に受任し、症状固定時期について保険会社と交渉しつつ、受任後は休業損害証明書についても、当事務所を介して保険会社に郵送しました。後遺障害(後遺症)の手続は、いわゆる事前認定の手続により行い、自賠責保険における後遺障害には該当しないとの結論でした。

打ち合わせをしたところ、異議申し立てはしないこととし、示談交渉を開始し、相当額に達したことから、示談に至りました。

ポイント

保険会社からの提示に対し、打ち合わせをしたところ、

①慰謝料の金額
②交通費等の実費の計算

が問題となりました。交通費については、交渉にて根拠を提示し、相当額が認定されました。慰謝料について、第1回提示の金額から交渉し、相当額の増額となりました。

The following two tabs change content below.
アバター

弁護士 寺部光敏

愛知県豊橋市出身 名古屋大学法学部を卒業後、弁護士となる。豊橋に根付いた寺部法律事務所の代表弁護士。20年以上の弁護士歴で得た豊富な経験を活かし、交通事故に苦しむ人を一人でも救うため弁護活動を行っている。

新着情報の最新記事

腰の最新記事

認定なしの最新記事

首の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00  弁護士の選び方