交通事故の過失割合は、どのように決まるのですか?

私は、自動車を運転し、直進していたところ、信号のない交差点で、一方通行を逆走してきた相手方の自動車と衝突しました。

私も相手方も、幸い怪我はありませんでしたが、双方の自動車が損傷しました。

私は、一方通行を逆走してくる自動車と衝突したので、過失がないと考えていましたが、相手方の任意保険の保険会社からは、過失があると主張されています。

交通事故の損害賠償における過失相殺は、どのように決まるのでしょうか?

「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という書籍があり、実務では、この書籍をもとに過失相殺について交渉がなされることが多いと思います。

交通事故の損害賠償、過失相殺について、分からないことがありましたら、弁護士までご相談ください。

The following two tabs change content below.
アバター

弁護士 寺部光敏

愛知県豊橋市出身 名古屋大学法学部を卒業後、弁護士となる。豊橋に根付いた寺部法律事務所の代表弁護士。20年以上の弁護士歴で得た豊富な経験を活かし、交通事故に苦しむ人を一人でも救うため弁護活動を行っている。

コラムの最新記事

新着情報の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00  弁護士の選び方