60代女性が10級10号・12級14号・14級9号の後遺障害を負った事例

60代女性、主婦の方で、歩行者の方が、横断歩道を横断中に車にはねられた事案です。
被害者の方は、顔面挫創、左上腕骨近位部骨折、右仙骨骨折、両恥坐骨骨折等の傷害を負いました。
後遺障害は、自賠責後遺障害等級別表第二の10級10号(1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの)と12級14号(外貌に醜状を残すもの)、14級9号(局部に神経症状を残すもの)に該当し、併合9級に該当するものでした。
被害者の方に過失はありませんでした。
示談提示前から当事務所が代理人に就任しました。示談交渉中の金額からさらに交渉の結果示談に至ったため、示談額の賠償項目ごとの金額を明示できません。
弁護士費用特約を利用しました。

賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
治療費 約115万円 約115万円
交通費 約4万円 約4万円
診断書料 約3000円 約3000円 約1350万円
既払額控除後の金額 約74万円 約83万円
眼鏡代、装具代 約6万円 約6万円
入院諸雑費 約10万円 約10万円
休業損害 約72万円 約114万円
傷害慰謝料 約168万円 約170万円
後遺症慰謝料 約209万円 約332万円
後遺症遺失利益 約600万円 約625万円
既払額控除後の金額 約1054万円 約1245万円 約1350万円

(コメント)

弁護士介入後、提示がありましたが、交渉の余地があると感じられる金額でした。
交渉を重ね、相当額の増額になったため、示談に至りました。

10級の最新記事

14級の最新記事

肩、腕、肘、手の最新記事

解決事例の最新記事

骨折・打撲の最新記事

骨盤〜股関節〜大股の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00  弁護士の選び方