停止中に玉突き事故に遭って負傷し、後遺障害は非該当ながら増額に成功した事例

ご相談者

70代(同乗者・女性)

事故状況

ご友人が運転する自動車に同乗し、赤信号で停止中、いわゆる玉突き事故に遭い、後方から、相手方自動車に追突され、追突された衝撃で、前方の自動車に追突しました。

運転していたご友人、ご相談者の方に過失はありません。

傷 病 名

左肋骨部打撲、頸椎捻挫、胸椎捻挫

ご依頼の経緯

治療中から、ご相談にいらっしゃいました。
症状固定時期が近づき、受任に至りました。

賠償項目 第1回提示 示談額 増額分
治療費 約58万円 約58万円  
交通費 約3千円 約3千円  
休業費用 約6万円 約6万円  
傷害慰謝料 約73万円 約93万円 約20万円
既払額控除後の金額 約71万円 約91万円 約20万円

結果

治療中から受任し、治療終了後、事前認定の手続にて、後遺障害(後遺症)等級認定を行いましたが、後遺障害の該当なしとの判断がなされました。
ご依頼者の方と打ち合わせ、不服申立てはしないこととし、示談交渉をすることとなりました。
相手方保険会社と示談交渉をし、相当額に達したため、示談に至りました。

ポイント

保険会社からの提示に対し、打ち合わせをしたところ、
①傷害慰謝料の金額
が、問題となりました。

交渉の結果、増額に至り、示談になりました。

コメント

当事務所からの連絡、打ち合わせ等にしっかりご対応いただき、感謝しております。

解決事例の最新記事

認定なしの最新記事

首の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00