50代会社員の女性が頸部挫傷、腰部挫傷等の傷害を負った事例

50代女性、主婦の方で、路肩でウインカーを出して自動車を左に寄せて、ガソリンスタンドに入るために停車していました。ガソリンスタンド内に自動車がいたため、ガソリンスタンドに入ることができませんでした。そのような状況のなか、停車中に後方からきた自動車に追突された事故であり、被害者の方に過失はありませんでした。
被害者の方は、頸部挫傷、腰部挫傷等の傷害を負いました。
弁護士費用特約を利用しました。

賠償項目 示談交渉前 示談交渉中の保険会社の提示額 示談額 増額分
治療費 約30万円 約30万円
交通費 約8000万円 約8000万円
休業損害 約38万円 約39万円
傷害慰謝料 約52万円 約109万円
既払額控除後の金額 約89万円 約128万円 約135万円 約46万円

※示談交渉中の金額から更に交渉の結果、示談に至ったため、示談額の賠償項目ごとの金額を明示できません。

(コメント)

被害者の方は、後遺障害の等級認定には至りませんでしたが、症状固定後、痛みが完全に消えず通院をされていました。
症状固定後の治療費を損害賠償請求に含めることは法的には難しいですが、増額分が今後の治療の負担の軽減につながればと思います。
とても誠実な方で、手続を円滑にすすめることができました。

腰の最新記事

解決事例の最新記事

認定なしの最新記事

頭部(脳)の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00