その他

横からの追突で頚部、足、膝に挫傷を負い、約19万円増額し示談となった事例

ご相談者 30代(男性)/会社員 事故状況 原動機付自転車を運転中、信号のないT字路交差点を直進していたところ、相手方の運転する自動車に横から追突されました。 ご依頼者の方にも若干の過失が認められると考えられる事故態様でした。 傷 病 名 頚部挫傷、左足挫傷、両膝挫傷 ご依頼の経緯 治療終了後にご相談にいらっしゃいました。 保険会社から示談の提示があり、弁護士が確認したところ、
続きを読む >>

加害者が無過失を主張したため、当初加害者側の保険会社が関与できなかった事例

20代男性、会社員の方です。優先道路を直進していたところ、右折車が道路へ侵入し、接触するという事故でした。 被害者の方に、怪我はありませんでした。 加害者が無過失を主張したため、当初加害者側の保険会社が関与できませんでした。 その後、加害者が過失を認めたため、過失割合8:2で損害額を計算し、和解しました。 ご依頼者の過失割合は2割で、損害額を計算しました。 弁護士費用特約を利用し
続きを読む >>

30代男性、加害者側が支払いに応じず弁護士が代理人として訴訟した事例

30代男性、団体職員の方で、赤信号で停車しているときに、後方から追突された事故であり、被害者の方に過失はありませんでした。被害者の方にけががなかったため、加害者に対し、被害者の方が車の修理費用を請求することになりました。 被害者の方の車の修理費用の請求に対し、加害者が支払いに応じなかったため、弁護士が代理人となって訴訟を提起しました。相手方は、任意保険未加入でした。 裁判では、修理方法と修理費
続きを読む >>

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00  弁護士の選び方