14級

後遺障害等級14級9号が認定された事案において、交渉の結果、損害賠償額が増額になり、示談に至った事例

ご相談者 40代(女性) 事故状況 自動車を運転中、後方から相手方の自動車に追突されました。 ご依頼者の方に過失はありません。 傷 病 名 頚部挫傷、腰部挫傷、背部挫傷、右股関節部挫傷 後遺障害等級 第14級9号「局部に神経症状を残すもの」 ご依頼の経緯 治療中から、ご相談に来られました。相手方保険会社からの示談提示前に、受任に至りました。 賠償項目 第1回提
続きを読む >>

後遺障害等級併合14級が認定され、交渉により賠償額が増額した事例

ご相談者 40代(女性)/会社員 事故状況 片道3車線道路の横断歩道を通行中、横から相手方の自動車と接触しました。 ご依頼者の方に過失はありません。 傷 病 名 頚部挫傷、左肘部打撲 ご依頼の経緯 治療中から、ご相談に来られ、受任に至りました。 賠償項目 第1回提示 第2回提示 示談額 治療費 約98万円 約98万円   交通費 約
続きを読む >>

弁護士が受任し示談交渉を始めた結果、賠償金が増額できた事例

ご相談者 女性 事故状況 自動車を運転中、前方に左折する車を確認し、ブレーキを踏んだところ、後方から相手方の自動車に追突されました。 ご依頼者の方に過失はありません。 傷 病 名 頚部挫傷、腰部挫傷、背部挫傷、右股関節部挫傷 後遺障害等級 第14級9号「局部に神経症状を残すもの ご依頼の経緯 保険会社から提示を受け、ご相談に来られました。 増額の余地があると判断し、受任に
続きを読む >>

自動車と衝突して腰部挫傷、右臀部挫傷を負った女性が、倍以上の増額で示談となった事例

ご相談者 20代(女性)/会社員 事故状況 信号のない交差点を、一時停止後、徐行しながら進行したところ、相手方自動車と衝突しました。 相手方自動車の走行していた道路には、一時停止の規制があり、相手方の過失が大きい事故でした。 傷 病 名 腰部挫傷、右臀部挫傷 後遺障害等級 第14級9号「局部に神経症状を残すもの」 ご依頼の経緯 治療終了後にご相談にいらっしゃいました。 ご
続きを読む >>

停車中に後方から追突され、約260万円で示談となった事例

ご相談者 40(男性)/個人事業主 事故状況 赤信号で停車中(助手席)、後続の相手方自動車が衝突。ご相談者の方に、過失なし。 傷 病 名 頚部挫傷 後遺障害等級 第14級9号「局部に神経症状を残すもの」 主な自覚症状 首が痛い。 ご依頼の経緯 保険会社から提示を受け、金額が妥当か否か判断できなかったため、ご相談され、増額の見込みがあったため、受任に至りました。 結果 弁護
続きを読む >>

停車中に後方から追突され、約156万円増額することができた事例

ご相談者 40(男性)/会社員 事故状況 自動車を運転し赤信号で停車中、後方から来た自動車に追突されました。ご相談者の方に過失はありません。 傷 病 名 頚部挫傷 後遺障害等級 第14級9号「局部に神経症状を残すもの」 ご依頼の経緯 治療中からご相談を受け、後遺障害(後遺症)等級認定がされた後、受任に至りました。 後遺障害(後遺症)等級認定は、事前認定手続きではなく、専門家が
続きを読む >>

30代会社員が頸椎捻挫等の傷害を負った事例

30代女性、会社員の方で、親族の車に同乗している際、親族の車が赤信号で停車しているときに、後方からきた自動車に追突された事故であり、親族の方や被害者の方に過失はありませんでした。 被害者の方は、頸椎捻挫等の傷害を負いました。 後遺障害は、自賠責後遺障害等級別表第二の14級9号(局部に神経症状を残すもの)に該当するものでした。 賠償項目 示談交渉前 示談後 増額分
続きを読む >>

40代女性、自賠責後遺障害等級別表第二の14級9号になった事例

40代女性、主婦の方で、夫の運転する自動車に同乗させてもらっていました。夫の運転している自動車が赤信号で停車しているときに、後方からきた自動車に追突された事故であり、被害者の方に過失はありませんでした。自動車を運転していた夫にも過失はないと考えられます。 被害者の方は、頸部挫傷、腰部挫傷等の傷害を負いました。 後遺障害は、自賠責後遺障害等級別表第二の14級9号(局部に神経症状を残すもの)に
続きを読む >>

50代女性、自賠責後遺障害等級別表第二の14級9号を負った事例

50代女性、主婦の方で、友人の運転する自動車に同乗させてもらっていました。友人の運転している自動車が赤信号で停車しているときに、後方からきた自動車に追突された事故であり、被害者の方に過失はありませんでした。自動車を運転していた友人にも過失はないと考えられます。 被害者の方は、腰部挫傷、頚部挫傷、右肩挫傷等の傷害を負いました。 後遺障害は、自賠責後遺障害等級別表第二の14級9号(局部に神経症状を
続きを読む >>

60代女性が10級10号・12級14号・14級9号の後遺障害を負った事例

60代女性、主婦の方で、歩行者の方が、横断歩道を横断中に車にはねられた事案です。 被害者の方は、顔面挫創、左上腕骨近位部骨折、右仙骨骨折、両恥坐骨骨折等の傷害を負いました。 後遺障害は、自賠責後遺障害等級別表第二の10級10号(1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの)と12級14号(外貌に醜状を残すもの)、14級9号(局部に神経症状を残すもの)に該当し、併合9級に該当するも
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00