死亡逸失利益と配当収入、不動産収入

質問

私の父は、青信号にしたがって横断歩道を横断中、右折車に衝突されて死亡しました。
私の父は、私の父が所有する賃貸アパートの家賃収入、株式の配当収入で生活をしていました。年金受給年齢には達していませんでした。賃貸アパートは、不動産管理会社に管理を委ねており、賃借人の募集、賃料の収受、共用部分の清掃などはすべて不動産管理会社にまかせていました。保険会社に損害賠償請求をするにあたり、賃貸アパートの家賃収入、株式の配当収入は、逸失利益の基礎収入に含めて考えることができますか。

弁護士からの回答

交通事故の損害賠償における損害とは、交通事故がなかった場合の財産状態と交通事故後の財産状態の差をいうと考えられます。
株式の配当収入は、交通事故の有無にかかわらず所定の配当を受け取ることができるものですから、一般的に損害には該当しないと考えられます。
アパートの賃料収入は、交通事故の有無と賃料収入の金額に、関連性はないと考えられますので、通常、損害には該当しないと考えられます。


交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00