死亡事故の損害賠償に強い豊橋の弁護士 -ご遺族と、弁護士ができること

ご家族が死亡事故に遭われた場合、被害者の損害は、相続人が請求することになります。
ご家族が、突然の交通事故で、お亡くなりになられた場合、家族の悲痛は計り知れません。

また、葬儀や、死後の対応に追われてしまわれることが多いかと思います。
死亡事故の場合は、保険会社もそのようなことに配慮して、通常は四十九日が終了した頃に、示談の話を始めることが多いようです。

加害者が起訴されることもありますので、この場合、刑事裁判も睨みつつ、示談交渉を進める場合もあります。

死亡慰謝料

死亡慰謝料は、交通事故に遭って、死亡された被害者の精神的苦痛に対する賠償です。
死亡慰謝料は、被害者の年齢や家族構成等の事情により増減されますが、2000万円から3000万円の範囲で認められることが多いです。

この死亡慰謝料の金額には、近親者固有の慰謝料も含まれています。

 

死亡逸失利益

死亡逸失利益とは、被害者が事故に遭わずに生きていたならば、得られたであろう利益をいいます。
死亡逸失利益は、基礎収入から、被害者の生活費として一定の割合を控除し、就労可能年数に応じたライプニッツ係数を乗じて算定します。
死亡逸失利益は、後遺障害逸失利益と同様の問題があります。

保険会社から提示された書類の見方が分からなかったり、不満な点がある場合は、当事務所にご相談いただければ、項目を解説させて頂いた上で、交渉の余地があるかどうかも含めて、アドバイスさせて頂けますので、弁護士にご相談されることをお薦めします。

 

当事務所にご依頼いただいた事例(50代女性)

賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
治療費 約458万円 約458万円
入院諸雑費 約1万円 約4542万円 約1707万円
休業損害 約412万円
傷害慰謝料 約3万円
遺失利益 約1634万円
死亡慰謝料 約1550万円
葬儀費 約100万円
既払額控除後の金額 約3293万円 約5000万円 約1707万円

※注 保険会社から内訳の明示がなかったので、個々の賠償項目の金額を特定できません。

コメント

当初の提示額は、非常に低いと感じるものでした。

交渉の結果、相当額の増額になったため和解に至りました。

 

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00