後遺障害等級14級9号が認定された事案において、交渉の結果、損害賠償額が増額になり、示談に至った事例

ご相談者

40代(女性)

事故状況

自動車を運転中、後方から相手方の自動車に追突されました。
ご依頼者の方に過失はありません。

傷 病 名

頚部挫傷、腰部挫傷、背部挫傷、右股関節部挫傷

後遺障害等級

第14級9号「局部に神経症状を残すもの」

ご依頼の経緯

治療中から、ご相談に来られました。相手方保険会社からの示談提示前に、受任に至りました。

賠償項目 第1回提示 第2回提示 示談額
治療費 約210万円 約210万円  
交通費 約1万円 約1万円  
入院雑費、装具代 約5万円 約5万円  
休業損害 約57万円 約100万円  
傷害慰謝料 約86万円 約124万円  
後遺障害慰謝料 約80万円 約88万円  
後遺障害逸失利益 約48万円 約78万円  
既払額控除後の金額(※) 約192万円 約311万円 約339万円

※上記の表の既払額には、自賠責保険の被害者請求分(75万円)が含まれています。また、示談交渉中の金額から更に交渉の結果、示談に至ったため、示談額の賠償項目毎の金額を明示できません。

結果

弁護士が受任し、保険会社から資料を取り寄せ、示談交渉を開始しました。交渉の結果、相当額の増額となり、示談に至りました。

ポイント

保険会社から後遺障害等級認定結果が出た後、示談の提示があり、特に

①傷害慰謝料
②休業損害
③後遺障害慰謝料
④後遺障害の逸失利益

が、問題となりました。

第1回の提示は、傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料は、いずれも金額がいわゆる裁判基準に比べて低いと感じるものでした。また、休業損害については、主婦休損について、日額が低いと感じられました。後遺障害逸失利益について、労働能力喪失期間が短いと感じられました。

コメント

入院もされて、大変お辛かったことと思います。当事務所からの連絡に、迅速にご対応いただきましたので、手続を円滑にすすめることが出来ました。ありがとうございました。

14級の最新記事

腰の最新記事

解決事例の最新記事

首の最新記事

骨盤〜股関節〜大股の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00