後遺障害等級併合14級が認定され、交渉により賠償額が増額した事例

ご相談者

40代(女性)/会社員

事故状況

片道3車線道路の横断歩道を通行中、横から相手方の自動車と接触しました。
ご依頼者の方に過失はありません。

傷 病 名

頚部挫傷、左肘部打撲

ご依頼の経緯

治療中から、ご相談に来られ、受任に至りました。

賠償項目 第1回提示 第2回提示 示談額
治療費 約98万円 約98万円  
交通費 約1万円 約1万円  
休業損害 約26万円 約63万円  
傷害慰謝料 約59万円 約84万円  
後遺障害慰謝料 約40万円 約88万円  
後遺障害逸失利益 約50万円 約80万円  
既払額控除後の金額(※) 約104万円 約243万円 約264万円

※示談交渉中の金額から更に交渉の結果、示談に至ったため、示談額の賠償項目毎の金額を明示できません。

結果

後遺障害(後遺症)について、等級の認定を受けた後、交渉を開始し、1回目の提示、2回目の提示を経て、相当額に達したため、示談に至りました。

ポイント

後遺障害等級認定結果が出た後、保険会社から示談の提示があり、特に

①休業損害
②傷害慰謝料
③後遺障害慰謝料
④後遺障害逸失利益

が、問題となりました。

慰謝料は、金額がいわゆる裁判基準に比べて低く、逸失利益は労働能力喪失期間が短いと考えられる提示でした。
休業損害についても、対象となる日額が少ないと考えられました。

コメント

当事務所からの連絡等にも迅速にご対応くださいました。
手続も迅速に進めることが出来ましたことができました。ありがとうございました。

14級の最新記事

肩、腕、肘、手の最新記事

解決事例の最新記事

首の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00