交差点で衝突され、頚部と腰部に挫傷を負い、慰謝料を約29万円増額させた事例

ご相談者

60代(女性)/会社員

事故状況

自動車を運転中、信号のある交差点において、青信号のため交差点を通過中、赤信号を無視して交差点内に進入してきた相手方の自動車と衝突しました。

ご依頼者の方に過失はありませんでした。

傷 病 名

頚部挫傷、腰部挫傷、左腰部打撲傷

ご依頼の経緯

当初、相手方が、相手方の進行方向の信号が赤信号か否か争っていたため、過失割合に争いがある状況で、ご相談にいらっしゃいました。
後に、刑事記録の謄写等により、ご依頼者の方の進行方向の信号が青信号であることが判明し、過失割合についての争いがなくなりました。

弁護士費用特約に加入していたこともあり、受任に至りました。

賠償項目 人身傷害の給付額 示談額 増額分
傷害慰謝料以外 約28万円 約万円  
傷害慰謝料 約20万円 約49万円 約29万円
既払額控除後の金額(※)   約29万円 約29万円

※傷害慰謝料のみが争点であり、示談交渉前に既に人身傷害保険を受領していたため、傷害慰謝料以外の賠償項目を明示できません。なお、加害者の任意保険会社と被害者の任意保険会社は、偶然同一の保険会社でした。

結果

弁護士が受任する前に、既に人身傷害保険を受領している事案でした。
弁護士が受任し、保険会社から資料を取り寄せ、示談交渉を開始し、相当額に達したため、示談に至りました。

ポイント

人身損害では
①慰謝料の金額のみが争点の事案でした。
交渉した結果、慰謝料が相当額に達したため、示談に至りました。

コメント

当事務所からの連絡等に迅速かつ誠実にご対応いただき、感謝しております。
別件で当事務所とご縁のある方でしたが、再び当事務所を選んでいただきありがとうございました。

腰の最新記事

解決事例の最新記事

首の最新記事

骨折・打撲の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00