衝突により頚部の挫傷を負い、等級認定せず99万円で示談となった事例

ご相談者

10代(同乗者・女性)学生

事故状況

親族が運転する自動車に同乗していたところ、相手方自動車と衝突しました。運転をしていた親族の被害者の方にも若干の過失が認められると考えられる事故態様でした。

傷 病 名

頚部挫傷

ご依頼の経緯

ご家族の方の加入している保険が弁護士費用特約のある保険に加入し、この事故にも適用されたため、治療中からご依頼を受けていました。

賠償項目 示談額
治療費 約82万円
交通費 約100円
傷害慰謝料 約99万円
既払額控除後の金額(※) 約99万円

結果

治療中から受任し、治療終了後、後遺障害(後遺症)の等級認定をするか否か検討したところ、後遺障害(後遺症)の等級認定はしないこととしました。電話で交渉し、相当額の提示があったため示談に至りました。

ポイント

ご本人が未成年であり、親権者であるご両親にも事務所までお越しいただきました。

解決事例の最新記事

認定なしの最新記事

首の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00