後方から追突され頚椎捻挫を負い、22万円増額した事例

ご相談者

40(男性)/自営業

事故状況

一時停車中、後方から追突された。
ご相談者の方に、過失はなし。

傷 病 名

頸椎捻挫

主な自覚症状

首の動作が困難な場合がある。

ご依頼の経緯

保険会社から示談の提示があり、金額に納得できず、ご依頼に至りました。

賠償項目 示談交渉前 第1回提示 第2回提示 増額分
治療費 約14万円 約14万円 約14万円  
交通費 約1千円 約1千円 約1千円  
休業損害        
傷害慰謝料 約18万円 約23万円 約40万円 約22万円
既払額控除後の金額(※) 約19万円 約24万円 約41円 約22万円

結果

弁護士が受任し、保険会社から資料を取り寄せ、後遺症の等級認定の申立をするか否か検討した結果、後遺症等級認定はしないこととし、示談交渉を開始しました。
弁護士費用特約を利用しました。

ポイント

保険会社からの提示に対し、打ち合わせをしたところ、

①傷害慰謝料の金額
②休業損害

が問題となりました。

休業損害については、自営業ということもあり収入減の立証に困難を伴い、一方、総額で相当額の増額になったことから示談に至りました。

解決事例の最新記事

認定なしの最新記事

首の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00