停車中に後方から追突され、約260万円で示談となった事例

ご相談者

40(男性)/個人事業主

事故状況

赤信号で停車中(助手席)、後続の相手方自動車が衝突。ご相談者の方に、過失なし。

傷 病 名

頚部挫傷

後遺障害等級

第14級9号「局部に神経症状を残すもの」

主な自覚症状

首が痛い。

ご依頼の経緯

保険会社から提示を受け、金額が妥当か否か判断できなかったため、ご相談され、増額の見込みがあったため、受任に至りました。

結果

弁護士が受任し、保険会社から資料を取り寄せ、交渉を開始し、相当額に達したため、示談に至りました。

賠償項目 第1回提示 第2回提示 示談額 増額分
治療費 約62万円 約62万円 約62万円
交通費 約4千円 約4千円 約4千円
傷害慰謝料 約48千円 約71千円 約80万円 約32万円
後遺障害遺失利益 約81万円 約81千円 約81万円  
後遺障害慰謝料 約70万円 約88万円 約99万円 約29万円
既払額控除後の金額(※) 約200万円 約240万円 約260万円 約60万円

ポイント

保険会社からの提示に対し、打ち合わせをしたところ、
①傷害慰謝料の金額
②後遺障害慰謝料の金額
が、問題となりました。

後遺障害遺失利益は、賃金センサスの数字をもとに計算されており、特に争わないという方針としました。
傷害慰謝料、後遺障害慰謝料の金額が相当額の増額となり、訴訟の場合のリスク等総合的に判断し、示談に至りました。

14級の最新記事

解決事例の最新記事

首の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00