30代会社員が頸部挫傷等を負った事例

30代男性、会社員の方で、赤信号で停車しているときに、後方から追突された事故であり、被害者の方に過失はありませんでした。
被害者の方は、頸部挫傷等の傷害を負いました。
後遺障害は、認められる見込みが乏しいと判断し、申請していません。

賠償項目 1回提示 示談後 増額分
治療費 約44万円 約44万円
交通費 約1万円 約1万円
休業損害 約15万円 約15万円
傷害慰謝料 約60万円 約90万円 約30万円
過失相殺、既払額控除後の金額 約60万円 約90万円 約30万円

※示談交渉前は被害者の過失を考慮しない示談額を保険会社が提示しましたが、弁護士との交渉の際には、過失相殺した金額の提示になっています。

(コメント)

ご依頼者の方によれば、電話で話をしたときの相手方の保険会社の担当者の対応に不満があり、治療中の段階で受任に至りました。
第1回提示の後、交渉により更に増額になり、示談に至りました。
弁護士費用特約を利用しました。

解決事例の最新記事

認定なしの最新記事

首の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00