40代女性、自賠責後遺障害等級別表第二の14級9号になった事例

40代女性、主婦の方で、夫の運転する自動車に同乗させてもらっていました。夫の運転している自動車が赤信号で停車しているときに、後方からきた自動車に追突された事故であり、被害者の方に過失はありませんでした。自動車を運転していた夫にも過失はないと考えられます。
被害者の方は、頸部挫傷、腰部挫傷等の傷害を負いました。
後遺障害は、自賠責後遺障害等級別表第二の14級9号(局部に神経症状を残すもの)に該当するものでした。

賠償項目 示談交渉前 示談交渉中の
保険会社の提示額
増額分
治療費 約111万円 約111万円
交通費 約5000万円 約5000万円
休業損害 約4万円 約4万円
傷害慰謝料 約48万円 約89万円 約41万円
後遺症慰謝料 約75万円 約85万円
後遺症遺失利益 約110万円 約120万円
既払額控除後の金額 約215万円 約431万円 約216万円

(コメント)

打ち合わせの際、症状や治療の経過などをうかがいましたが、ご依頼を受けた後治療の経過などをくわしく書いて送っていただきました。緊張してお話しできなかったこともあったようで、治療の経過や症状などをより一層理解できました。
とても誠実に対応していただき、手続を円滑にすすめることができました。

14級の最新記事

腰の最新記事

解決事例の最新記事

頭部(脳)の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00