60代女性が自動車を運転中の事故で14級9号の後遺障害を負った事例

60代女性、主婦の方で、自動車を運転中、センターラインを超えてきた対向車との接触事故であり、被害者の方に過失はありませんでした。

被害者の方は、頚捻挫、両肩挫傷、前胸部挫傷、両鼠径部挫創、右肘、両膝挫傷等の傷害を負いました。後遺障害は、自賠責後遺障害等級別表第二の14級9号(局部に神経症状を残すもの)に該当するものでした。弁護士費用特約を利用しました。

賠償項目 示談交渉前 示談交渉中の
保険会社の提示額
示談額 増額分
交通費 約7万円 約7万円
その他費用 約5000円 約5000円
休業損害 約17万円 約83万円
傷害慰謝料 約83万円 約134万円
後遺症慰謝料 約32万円 約105万円
後遺症遺失利益 約29万円 約49万円
既払額控除後の金額 約178万円 約375万円 約380万円 約202万円

※375万円の提示に対し、さらに交渉し、380万円での示談に至りました。

(コメント)

当初の提示は、かなり低いと感じるものでした。
交渉の結果、相当額の増額になり、さらに交渉し、示談に至りました。

14級の最新記事

太ももから足先の最新記事

肩、腕、肘、手の最新記事

解決事例の最新記事

首の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00