運転中に後方から追突された事故で頸椎捻挫、腰椎捻挫、左肘挫傷等になった60代の主婦が、約65万円の賠償金を増額した事例

60代女性、主婦の方で、自動車を運転中、赤信号で停車しているときに、後方から追突された事故であり、被害者の方に過失はありませんでした。被害者の方は、頸椎捻挫、腰椎捻挫、左肘挫傷等の傷害を負いました。後遺障害は、非該当でした。 

弁護士費用特約を利用しました。症状固定前にご依頼いただき、弁護士が保険会社と交渉しました。

賠償項目 第1回提示額 示談額 増額分
治療費 約58万円 約58万円
交通費 約1万円 約1万円
休業損害 0円 約109万円 約64万円
傷害慰謝料 約45万円
既払額控除後の金額 約45万円 約109万円 約64万円

(コメント)

弁護士費用特約があるということもあり、症状固定前に受任しました。

弁護士受任後の第1回提示額が予想より低い額の提示にとどまり、交渉の結果増額となり、和解に至りました。

肩、腕、肘、手の最新記事

腰の最新記事

解決事例の最新記事

認定なしの最新記事

首の最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00