40代女性、パート職員の方で、約114万円に増額することができた事例

40代女性、パート職員の方で、後遺障害は非該当でした。事故の態様は、被害者の方に全く落ち度がないものでした。弁護士費用特約を利用しました。

賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
治療費 約74万円 約74万円
交通費 約1万円 約1万円
休業損害 約12万円 約12万円
傷害慰謝料 約68万円 約113万円 約45万円
既払額控除、過失相殺後の金額 約69万円 約114万円 約45万円

(コメント)

示談交渉前の保険会社の提示をみて、慰謝料については十分交渉の余地があると感じました。

弁護士が代理人として就任し、保険会社と交渉を継続した結果、上記金額で和解に至りました。

弁護士費用特約を利用させていただきましたので、弁護士費用は依頼者の方が契約している保険会社が負担しました。

解決事例の最新記事

認定なしの最新記事

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら 交通事故 相談金・着手金0円 無料法律相談のご予約 0532-52-0991 お電話は平日9:00〜18:00